島根県生まれ。脚本家・作家。出版社勤務、塾講師などを経てシナリオスクールへ通い、85年デビュー。

テレビドラマに『勝利の女神』『ニュースの女』『殴る女』『彼女たちの結婚』『ブランド』『定年ゴジラ』『女神の恋』『美女と男子』『定年女子』など多数。

NHK連続テレビ小説『さくら』では橋田壽賀子賞受賞。

『冬の運動会』が放送文化基金賞・テレビドラマ番組賞を受賞。

映画『恋する彼女、西へ』、舞台『笑われたかった男』、落語『嗤う伊右衛門』、狂言『耳なし芳一』、ミュージカル『とびらのむこうに』なども。

2008年のNHK大河ドラマ『篤姫』は空前の大ヒット。

2011年の大河ドラマ第50作目にあたる『江~姫たちの戦国~』の原作・脚本を手がける。

エッセイに、『女の道は一本道』(小学館)、『毎日が大河』(幻冬舎)等。小説に、『江』上下巻(NHK出版)、『美女と男子』(NHK出版)等がある。最新作は『おね』上下巻(NHK出版)。

2009年 島根県益田市名誉市民賞受賞。

     韓国より、『篤姫』に功労賞が贈られる。

2009年より現在まで、TBS番組審議委員を務める。

所属 (株)プロダクション尾木

女性の生き方を支援する『女塾』の塾長を務める。